豊橋の工務店 木下建設は施工に特化しています. 家は買う? 建てる(つくる)?

2019/08/17 ブログ
ロゴ

家を建てるポイントは? 間取り、プラン、デザイン、意匠、性能、品質、価格などがあげられることでしょう.

住宅建築を考えるとき、様々な依頼先があります(工務店、ハウスメーカー・ビルダー、設計事務所など).また住宅建築は多くの人の手を介して進んでいきます.

昔(?)のように棟梁がつくる家は今ではとても少なく、業務、作業ともに細かく分業されています.営業、設計、施工という業務に加えて現場での施工(作業)のレベル、そして仕上りを考えると高いレベルを維持できなければお客様の支持を得ることはできないでしょう.(もちろんお客様にマッチするしないがありますが...) 過程を大きく分けるとしたら2つに分けられます.現場がはじまる前と後です.打合せをして図面や2次元、3次元(3D)で夢をカタチにしていこうという段階と現場がはじまり実際にカタチになっていく段階です.一部には打合せ時は期待と夢膨らみ満足度は高くなりピークを迎え、施工になると満足度が下がり施工はクレーム産業などと言われることがあります.

また、近頃のお客様は’家を建てる’のではなく”家を買う”ようになったなどと聞くことがあります.確かに建売や分譲住宅、マンションなどを選択する方もいらっしゃいます.注文住宅においては以前と比べると棟上げの日にお客様とお会いしないことや、建築中にお客様にお会いすることが少なくなっており、できたものを買うというイメージに近くなっているような気がします.

時代が変わったといえばそれまでかもしれませんが、少しでも【つくる】ことに関心を持っていただけたらと思いますし、我々の施工メンバーが高いレベルのサービスをすることで良い循環をお客様に伝えることができたらと思います.